相続税と非上場株式等の特例に関する被相続人の要件

相続税の納税猶予を受けるために上場株式等の特例を受けたいというときには、会社の要件として会社の業態や

相続税と非上場株式等の特例に関する相続人の要件

相続税の納税猶予が非上場株式等に関して認められるためには、経営承継相続人等についての要件も満たしてい

相続税について

相続税と非上場株式等の特例に関する会社の要件

相続税を納税するにあたり、非上場株式等に関する特例を受けるためにはその会社が一定の要件を満たしていなければなりません。
会社は経済産業大臣による確認、認定を受けている中小企業であることが要件となります。
そこで常に使用されている従業員は1人以上、外国会社株式等を保有している会社であれば5人以上が必要です。
また、資産保有型会社か資産運用型会社で一定のものとして該当していてはいけません。
さらに会社や代表権を持つ人、生計が一緒である親族、その関係会社が株式の議決権について過半数を持つ特定特別関係会社が非上場会社であり風俗営業会社ではなく、中小企業であることも必要です。
相続税の納税猶予を受けることは、なかなか簡単ではありません。

起業されたい方へのスタートアシスト

会社分割で企業を持ち直す可能性は十分にあります!
相談無料で承ります。お気軽にお問合せ下さい。